動物さんが登場する英語の絵本|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > お役立ちコンテンツINDEX > 親子で読もう!English Books > 動物さんが登場する英語の絵本

お役立ちコンテンツ
親子で読もう! English Books

春の英語の絵本動物が好きな子どもは多いものです。色々な動物が出てくる絵本は、いつでも子どもたちに大人気!英語で動物さんをいくつ言えますか?

くま…………bear
うさぎ………rabitto
いぬ…………dog
ねこ…………cat
きつね………fox
うま…………horse
ひつじ………sheep

今回は、動物さんが登場するおすすめの英語の絵本を紹介します。馴染みのある動物たちのイラストに、お子様も自分から積極的にページをめくりたくなることでしょう。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
(著:Bill Martin  制作:Eric Carle)

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?<br>(著:Bill Martin  制作:Eric Carle)はらぺこあおむしで有名なエリック・カールのもう一つの代表作で、たくさんの子どもたちが何度も繰り返し読みたがる楽しい絵本です。繰り返される英語がリズミカルで心地よく、色彩も鮮やか。耳なじみの良い絵本を繰り返し読んでいると、自然と動物の名前や色を覚えてしまいます。

読み聞かせが苦手なお母さんも、この絵本なら読みやすいのでは?CD付きの絵本もあります。『くまさんくまさんなにみてるの?』の原作です。原作と翻訳版を見比べてみるのもおすすめです。

Here Comes the Parade!
(著:Gare Thompson, Linda Kelen イラスト:Linda)

Here Comes the Parade!<br>(著:Gare Thompson, Linda Kelen イラスト:Linda)様々な動物たちが、楽しくてにぎやかなパレードをする、見ているだけでワクワクする素敵な絵本です。とにかくイラストが可愛らしくて、見ていて飽きることがありません。

パレードしている動物たちの表情やパフォーマンスに、子どもの目は釘付け。簡単なフレーズが何度も繰り返される絵本なので、英語が苦手だと感じているお子様でも読みやすいのでおすすめです。
さぁ、一緒に動物たちのパレードを楽しみましょう。

A Cat and a Dog(著:Claire Masurel イラスト:Bob Kolar)

A Cat and a Dog(著:Claire Masurel イラスト:Bob Kolar)一緒に暮らす犬さんと猫さん。彼らはとても仲が悪く、ケンカばかりしています。特におもちゃについてはいつもケンカをしてしまいます。だから、一緒に暮らしていても、遊ぶのはいつも別々。
そんなある日、猫さんのオモチャが池の中に落ちてしまい、犬さんのオモチャが木の上に引っかかって取れなくなってしまい・・・。2匹のユーモアあるやり取りに、思わず笑ってしまう絵本です。

心温まるストーリーに短くて簡単な英語の表現も、お子様に読んであげるのにピッタリ。子ども達の身近にいる犬さんと猫さんの物語に、子ども達は興味津々です。

Do Lions Live On Lily Pads?(著:Melanie Walsh)

Do Lions Live On Lily Pads?(著:Melanie Walsh)動物さんたちに、色々な質問をしていく物語。だけど、その質問の内容がへんてこで、思わず笑ってしまいます。
Yes、Noを、子どもたちが元気に答えてくれる、コミュニケーションをしながら楽しめる絵本です。知らないような単語も出てきますが、イラストを見れば理解出来るようになっています。

絵本の真似をして、質問文を作ってお子様と楽しむのもおすすめの楽しみ方です。子どもたちのお気に入りの1冊になることでしょう。

Clip-clop(著:Nicola Smee)

The Sweetest Spring(Disney Princess)
(著:Apple Jordan イラスト:Gabriella Matta & Francesco Legramandi)子どもたちに大人気の絵本の中の1冊です。
お馬さんが動物たちを背中にのせて走るストーリー。リズミカルで、テンポとノリがよく、お馬さんから振り落とされるシーンは特に人気。笑い声が起こります。

翻訳版として、『ぱかぽこはしろ!』が販売されていますが、リズミカルな英語が心地よい原作版で読みたくなる絵本です。小さなお子様なら、この絵本を読んだ後にお馬さんごっこをすると、さらに喜ぶことでしょう。

サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ お役立ちコンテンツ
pagetop