ごあいさつ・教育理念|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > サンライズキッズインターナショナルスクールについて ごあいさつ・教育理念

   

サンライズキッズインターナショナルスクールについて
ごあいさつ・教育理念

初めまして。国際アシスト代表の佐伯と申します。
「21世紀の現代、子どもたちに必要な教育とは何か」 これは、常々私どもが考えているテーマのひとつです。
インターネットが普及し、一人一人がパソコンや携帯端末で繋がっているというネット社会において、世界がますます身近なものへとなってきています。
このような環境下で世界共通語である英語の役割というものは、より一層重要になってきています。

英語が話せるということは、現代において当たり前の時代です。
英語教育は小学校から始められますが、実際それでは遅いと私どもは考えます。
日本語を覚えていく過程で、同時に英語も身につけてしまえば将来英語で悩むことはないでしょう。
一度自転車に乗れるようになったら、全く乗れなくなってしまうことは通常の場合ありえません。
その感覚を身体が覚えているので、例え10年ぶりに乗っても補助輪なしで乗ることが出来るのです。
英語も同様で、幼少からネイティブの英語に触れておけば、その感覚を忘れることはないでしょう。
日常生活の中に英語を取り入れ、「語学を学ぶ」のではなく、英語を遊びや意思表示をするためのツール(道具)として「英語での生活」をすることが大切です。
そうすれば「日本語」「英語」の区別が付く前に、「同じコミュニケーションの手段」として自然に英語を受け入れることが出来ます。
最初は戸惑いを感じるお子様がいらっしゃるかもしれませんが、講師や保育士、お友達と一緒に遊んでいるうちに自然と打ち解け、英語が身についていきます。
子どもたちはみな、言語習得に大変優れた能力を持っています。
その才能を引き出してあげられる手助けが出来ればと思うのです。

また、英会話が出来るようになる事はもちろんですが、 異文化を理解し「自立性」や「協調性」「考える力」「思いやりの心」「創造力」「責任感」「表現力」などを身に付け、何事にも挑戦する力などを育てる環境作りを心掛けた教育を目指しております。
単に英語を学ぶのではなく国際的な場で活躍するための心の広さや国際感覚を養います。
プリスクール・サンライズキッズインターナショナルスクールは、子どもたちが家庭的かつ国際的な雰囲気のなかで、愛情ある保育、教育を受けながら、それぞれが自尊心と自己愛を育むと同時に、他者を尊重することの大切さを学ぶ・・・。私たちの使命は、そんな教育環境を作ることです。
それらを大前提に英語教育を通じて国際感覚を養い、感性豊かな心の形成を目指します。
そして、何でもやってみようという好奇心を大切にしてお子様の自主性を育てていく教育を目標としています。

<スローガン>
Self-confident
Understanding
Nature-loving
Respectful
Imaginative
Strong
Enthusiastic
もっと輝け、明日のぼく・わたし!
周りに光とパワーを与える、ぽかぽか暖かい太陽のような子になろうサンライズキッズインターナショナルスクールでは、こんな子どもになってくれるように願いを込めて保育します!


学校の英語でいい成績を取ることがゴールなのではなく、世界中の人とコミュニケーションを図る為のツールとして英語を使いこなし、「伝えたい思いをきちんと相手に伝える」という人格を兼ね備えた大人になってほしいと、願っております。

代表取締役 

サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ サンライズ公式メールマガジン登録 お役立ちコンテンツ
pagetop