春の英語の絵本|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > お役立ちコンテンツINDEX > 親子で読もう!English Books > 春の英語の絵本

お役立ちコンテンツ
親子で歌おう! English Books

春の英語の絵本春になると、公園ではたくさんの花が咲き、虫や鳥が活動をはじめます。春の公園にはどんな生き物がやってくるか知っていますか?

ちょうちょう……butterfly
あり………………ant
てんとうむし……ladybug,ladybird
みつばち…………bee
つばめ……………swallow
すずめ……………sparrow

ありの子たちはせっせと列を作り、ちょうちょうたちは花の間を行ったり来たり。そんな暖かくて気持ちの良い春にぴったりの英語の絵本を紹介します。親子で読む英語の絵本で、春を感じて下さい。

welcome spring(著:Jill Ackerman イラスト:Nancy Davis)

Hokey Pokey 〜ホーキーポーキー〜ページごとに感触を楽しむことの出来る仕掛け絵本がwelcome springです。flower、birdなど、何度でも触りたくなってしまいます。たった数ページの絵本ですが、シンプルな絵がかわいく、飽きの来ない絵本です。

アメリカの子ども達にも日本の子ども達にも大人気のこの絵本は、簡単な英文ばかりなので、英語を読む練習中のお子様には特におすすめです。

Spring Breezes Huff and Puff!〜はるかぜとぷう〜
(著:小野かおる 原著:Anita Teeter)

Spring Breezes Huff and Puff!〜はるかぜとぷう〜(著:小野かおる 原著:Anita Teeter)春風が、色々な街へ春を運んでいきます。いたずらっこの「とぷう」も春風の1人。春風のとぷうの冒険は、子どもなら誰もが持っている「冒険への憧れ」をくすぐってくれます。さて、とぷうはどんな冒険をするのでしょうか?

CD付きでそので、英語の勉強中のお父さんお母さんにもおすすめです。親子でぜひ、CDを流しながら絵本を楽しみましょう。
動物さんたちがたくさん出てきますので、子どもたちは大喜びでページをめくります。この絵本を読むと、春風が吹くたびに、とぷうを思い出すのでは?

Grandma Baba's Sunny Spring(著:Wakiko Sato)

Grandma Baba's Sunny Spring(著:Wakiko Sato)お昼寝が大好きなババおばあちゃん。春になると、外にハンモックを出してきて、お昼寝をするのが楽しみです。ところが、この春は寒い日が続きます。春を呼ぶために、おばあちゃんと動物さんが思いついたアイディアとは?

思わず微笑んでしまう、楽しくてかわいらしいババばあちゃんシリーズの春の絵本です。暖かくて優しいイラストも、素敵です。

Mouse's First Spring(著:Lauren Thompson イラスト:Buket Erdogan)

Mouse's First Spring(著:Lauren Thompson イラスト:Buket Erdogan)小さなねずみが春を初めて迎えます。そんな初めての春、おかあさんねずみとお出かけをした子ねずみは、見たことのないたくさんのものを見かけ、お母さんねずみに質問します。
それは、蝶々だったり、鳥だったり、かたつむりだったり、かえるだったり。春を呼び起こすもの全てが、子ねずみには新鮮でワクワクする冒険です。

とてもかわいらしい水彩画のイラストが、ほんわかとした気持ちにさせてくれます。子ねずみの春を見つける冒険に、子ども達も春を見つけにおでかけしたくなってしまうことでしょう。
厚手のボード版の絵本は、小さなお子様にも安心して触らせることが出来ます。

The Sweetest Spring(Disney Princess)
(著:Apple Jordan イラスト:Gabriella Matta & Francesco Legramandi)

The Sweetest Spring(Disney Princess)
(著:Apple Jordan イラスト:Gabriella Matta & Francesco Legramandi)ディズニープリンセスに夢中の女の子たちにおすすめなのが、「The Sweetest Spring」。7人の小人たちと一緒に掃除をする白雪姫。春の花を楽しむアリエルと仲間たち。他にも、ジャスミンやシンデレラ、ベルなど、おなじみのディズニープリンセスたちが春を楽しんでいる素敵な物語です。

春にぴったりのこの絵本は、女の子たちが何度も「読んで、読んで」とせがむのではないでしょうか。

サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ サンライズ公式メールマガジン登録 お役立ちコンテンツ
pagetop