個性尊重型英会話対策|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > サンライズキッズインターナショナルスクールの英語教育とは 個性尊重型英会話対策

サンライズキッズインターナショナルスクールの英語教育とは
個性尊重型英会話対策

英会話スクールに通わせると、『うちの子全然英語を話さないけど、きちんと英会話を学んでいるのかしら…。』と不安に思う保護者の方も多いことかと思います。
しかし、そこは焦らずじっと待つことが重要です。
子ども一人一人好きなもの、苦手なものが違うように、言葉のやりとりもペースの違いがあります。
聞いたことを頭の中に溜め込むインプットがとても重要な年齢です。聞いた言葉を子どもたちは大人が想像する以上に聞いているのです。
例えばミュージックタイムで歌を中々歌わないお子様。
しかし家では大きな声でお母様に歌って聞かせているという声を保護者様から伺います。
また反対に家では全く英語を話さないというお子様、園ではばっちり英語で講師と英語で話し、コミュニケーションを取っている場合があります。
その子なりの学び方があり、その子なりのペースがあり、その子なりに環境に関わり英会話を吸収しています。
サンライズキッズでは、ご家庭と園との連携をとってどの子ども自身の学び方吸収の仕方を尊重し、様子を見るようにしています。


当園での言語はオールイングリッシュですが、ネイティブイングリッシュスピーカーの先生も日本語を理解することが出来ます。
ですので、まだ、入園して間もないお子様、インプットの段階にあるお子様には、日本語で話かけてきた場合はそれを英語に置き換えて、リピートした上でその問いかけに答えるようにしております。
例えば簡単な例ですと、『ドア開けて!』と子どもに言われたら、『Open the door please. Okay I can open it for you.』というようにただ日本語を理解して対応してあげるわけでなく、子どもの言いたいことを代弁して英語で聞かせています。
もちろんお子様によってペースは違いますが、子どもは真似っこが大好きなのですぐに言ってみようと口を動かすようになります。


英語に全く触れたことのないお子様を入園させるのに不安に感じている保護者様も多いと思います。
しかし、同じように英語未経験のお子様が何人いても同じように英語を吸収して発話していくわけではありません。
先生の言ったことをすぐ真似て音遊びを楽しむようにリピートがどんどん出てくるお子様、口数は少なくても、先生の言っていることを理解し遊ぶお子様等様々です。


サンライズに英語未経験で入園したお子様がいました。
先生の言っていることは少しずつ理解していましたが、日本語での返答で数か月中々単語も出てこない日々が続きました。
お母様からも、『いつになったら英語を話すようになるのかしら?』との声を頂きました。
しかし、公園遊びがとても好きな男の子。
公園で楽しく先生とブランコをしたのがきっかけで『Faster!!!!』という言葉が初めて出ました。
先生の膝の上に乗ってブランコをこぎ『もっと速くこいでほしい…』という心の声を先生が『Faster?』と見極め、『Say Faster!!!!』ときっかけを作ったことで初めての発話となりました。その初めての発話からはどんどん新しい言葉を話すようになりました。

『Please!!』『One more time!』『Little more!!』等、すべてはブランコがきっかけです。
それからというもの、Music timeでも歌を口ずさんだり、園内でも英語を話すようになりました。
中々発話がないお子様は、ちょっとしたきっかけでそれからどんどん話すようになるのがほとんどです。
そんなお子様に、言葉を話さないからといって焦ったり、無理にリピートさせる必要はありません。
その子なりに言葉や会話をしっかり聞いて頭の中にインプットしているのです。


誰でも英語を話すようになるにはインプットの期間が必要ですが、その期間は人それぞれ違います。
それをサンライズキッズインターナショナルスクールは『個性』として受け止め、ひとりひとりその時期に何が必要なのかを見極め、子どもたちに接するようにしています。
サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ お役立ちコンテンツ
pagetop