英検対策|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > サンライズキッズインターナショナルスクールの英語教育とは 英検対策

サンライズキッズインターナショナルスクールの英語教育とは
英検対策

年間受験者数は230万人。
英検は、小学生から社会人まで幅広い方を対象とした、国内最大規模の英語検定試験です。
その資格が学校や企業・実社会で評価されるという価値はもちろん、日常生活からビジネス活用、入試やセンター試験や個人目標まで幅広く対応しています。

1年間に3回の受験があり、あらかじめ決められた試験会場にて受験します。
英検3級以上からは2次試験として面接試験があります。

特徴

◇スピーキング測定
3級以上の2次試験では、スピーキング技能を測定します。
◇入試優遇、単位認定
取得した級により、高校や短大・大学などの入試において、合格判定で優先されたり、内申点に加算されるなどの優遇措置があります。また、在学中に英検資格を取得すると、級に応じて英語科目の単位として認められます。
◇英検で海外留学
海外留学時の語学力証明資格として認められています。話す能力を面接試験によって直接測定することにより、4技能「聞く・話す・読む・書」を正確に測る検定として、海外の教育機関に評価されているためです。
◇身近な目標でステップアップ
学習レベルに応じて5級〜1級まで7つの級を設定しています。 英語レベルに応じて、どの級からでもスタートすることができ、ひとつ上の級を目指して学習、 レベルアップを図ります。
◇日常生活からビジネスまで
4技能のバランスを重視し、実際に英語を使用する場面を想定しています。 日常会話はもちろん、ビジネスシーンでも対応できるコミュニケーション力をつけます。
◇入試、センター試験にも対応
英検の出題形式には、高校や大学の入試試験と多くの共通点があります。 例えば、センター試験のリスニングテストには、会話や文章を聞いて質問に答える形式があり、 英検の準2級や2級のレベル・出題形式との共通点が多く見られます。 筆記試験においても共通の出題形式が多く、英検の学習をすることでセンター試験に対応する 英語力を養うことができます。
◇通訳試験に役立つ
観光庁長官が実施する通訳案内士試験(通訳ガイド試験)において英検1級合格者は筆記(一次) 試験の外国語(英語)科目の受験が免除されます。

当スクールでの英検対策としては、まず児童英検の「BRONZE」「SILVER」「GOLD」の3つのグレードに
挑戦します。最終レベルの「GOLD」で、正答率が80%以上になったら、英検5級に挑戦します。
英検5級は中学初級程度と言われています。
児童英検同様、受験にあたってまず必要な事は「集中力」ですが、大きく違う点は、試験会場が教室や家庭ではなく、大学などの外部会場にて試験を受けます。
試験時間は5級で45分(筆記25分、リスニング20分)と、児童英検よりも長い集中力が必要です。

当スクールでは、毎日の生活の中でからいろいろな体験を通して身についた「生きた英語」を学びますので、英検を受験する為の特別な学習は必要ないと思っております。
受験でよい成績を取る事が目標なのではなく、コミュニケーションのツールとして自分を表現できる力があれば、結果はおのずとついてくるものだからです。
当スクールを卒園されるまでには全員が英検の受験を受ける事を目標にしております。

当スクールのモデルケース

●2歳入園
「BRONZE」受験正解率:80%以上
●3歳入園
「SILVER」受験正解率:80%以上
●4歳入園
「GOLD」受験正答率:80%以上
●5歳卒園までに
英検5級受験合格

無料見学会のご案内 サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ お役立ちコンテンツ
pagetop