サンライズキッズインターナショナルスクールの特徴|子どもの個性を伸ばす!早期英語教育のサンライズキッズエデュケーション

   お電話でのお問い合わせ(月〜金9:00〜18:00)
横浜校
東京校

HOME > サンライズキッズインターナショナルスクールについて サンライズキッズインターナショナルスクールの特徴

   

サンライズキッズインターナショナルスクールについて
サンライズキッズインターナショナルスクールの特徴

当スクールは日本人のお子様が通う、オールイングリッシュのスクールです。
保育中はすべて英語を使用し、英語という第二言語を通して豊かな心を育てることを目標としています。
また、日本にいながらバイリンガルを目指します。
幼児期に異文化、習慣を知り理解することはとても重要です。
ネイティブの先生との関わりを通じて空間を共有し共感することで国際的な視野を持つようになります。
子ども達は驚くほどその場に順応し、生活を通して様々なことを吸収していきます。

オールイングリッシュという初めての空間。
そんな新しい環境が新鮮で楽しい場所となるよう、日々の生活、プログラムを工夫し楽しみながら自然と英語力が身に付くよう努めております。

当スクールでは、毎日午前と午後の2回、ミュージックタイムとサークルタイム(英語のレッスン)を行っております。
ミュージックタイムでは季節にあった歌を歌います。
また、音楽に合わせて体を使って表現するなど、リトミックを取り入れた活動も行っております。
サークルタイムでは、月ごとに決めたテーマに沿って英語の発話、表現を学びます。当スクールでは頭ごなしに行うレッスンではなく、また通り一遍の言葉を学ぶのでもなく、その状況に応じて自分の言葉で表現出来るよう、体験を通して、それぞれの感受性を大切にした活動を行っています。
体を動かす事が好きな子、静かな活動が好きな子、音楽の好きな子など、個性はさまざまです。
お互いを尊重しながら、豊かな時間を共有する事を大切にしております。

私たちの役目は子どもたちの無限の可能性を引き出し導くことです。
一般に子供の脳の臨界期は7歳前後と言われています。
この黄金期といわれる時期に色々な経験をすることはとても大切です。
特に言語の習得は幼い時期がよいと言われています。
耳のよいこの時期に本物の英語にたっぷり触れ、子ども達が英語での保育を通して国際的感覚を養い視野を広げ、未来へ羽ばたいてくれることを願っております。
この第二言語の習得は未来の子どもたちに大きな力となるでしょう。

▲サークルタイムで楽しいゲームをしながらTimeについて学ぶことが出来ました。


▲サークルタイムで子どもたちは『Bright』『Dark』の言葉を学んでいるところです。


▲先生「Who wants to try?」「Me please!!」と子どもたちからは日常的に英語が出てきます。

特徴1

ひとりひとりの個性を大切に!
どんなに小さな子どもでも立派な一人のかけがえのない存在。
ひとりひとりの考えや思いを理解して尊重することが子どもの自信に繋がっていくと信じています。
小さな子どもにとって、たった1日でもとても長いもので1分1秒も様々なことを感じとります。
常に子どもたちに耳を傾け、小さな変化も見逃さず、訴えや感情を受け止めその時々に合った対応、援助をしていきます。

特徴2

たっぷりの愛情で保育します
温かい家庭のような落ち着いた環境でのびのびと自己を表現出来る環境を整えます。
安定した情緒の下、愛されること愛することの喜びを知り、互いを認め合い思いやる心、感謝する気持ちが芽生えるのです。
また、友だちと過ごす中でルールやマナーを学び、協調性が育ちます。


特徴3

今だから出来ること!沢山!
子どもは遊びの中から沢山のことを学びます。
しかし例え遊びであっても教師からの一方的なものでは意味がないのです。
子どもたちが自らやってみたい、挑戦したいと思うことが重要です。
そんな子どもたちの好奇心や探究心を刺激するような魅力あるプログラムを提案し続けます。
子ども達が、楽しみながら自ら働きかけることで自発性、創造力、想像力が養われることでしょう。

また、四季折々のイベントを通してその時にしか出来ないものを見て、聞いて、触って、五感すべてを使って、子ども達の感性を磨いていきます。
サンライズについて サンライズの英語教育とは よくあるご質問 スタッフブログ サンライズ公式メールマガジン登録 お役立ちコンテンツ
pagetop